TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

カテゴリー:スピリチュアル

前回の記事の続きで、昨日参加した心理ワークショップで、「気」を送ってもらった後の話。

カウンセリングの受講生の実習が催眠療法ということで、被験者なる自分は催眠療法を受けた。自分は自律訓練法を昔からやっているので、催眠に対する誤解もないし、その辺の話は早い。まずは先生が自律訓練法を私の左手の温感で行ない、トランス状態に誘導し、言葉で潜在意識に働きかけてきた。

と書いたが、大半の人は???かもしれない。

自律訓練法というのは、たとえば「右手が重たい、右手が重たい」とか「右手が温かい、右手が温かい」とか、頭の中でつぶやきながら、その部位に意識を集中させる、という自己催眠である。この例で言うと、実際に右手がずしんと重く感じたり、本当に温かくなったりする。体をリラックスさせ、心身のバランスを取る効果がある。

自己催眠というと胡散臭そうに思うかもしれないが、医療現場でも用いられている、れっきとした治療法である。スポーツ選手なども取り入れていると聞く。私が教わったのは、ボイストレーニングの先生である。レッスンの最初に必ずこれをやらされた。

その後、受講生の実習として、再び催眠療法を受けた。その前に自律訓練法を行ったばかりだったからか、すぐにトランス状態に入ったような気がする。ヒーラーの話がオーケストラの話だったのだが、オケ伴で合唱曲を歌ってた頃のいろんな場面が、かなりはっきりとしたイメージとして視覚的に頭の中に出てきた。

自律訓練法では体をリラックスさせることはできても、それ以外の暗示を自分にかけることは難しい。訓練すればできるものなのだろうか?

昨日は、1月からお誘いを受けて参加している、心理ワークショップに行ってきた。友人Fがカウンセリングの講習を受けていて、その実習の場として無料で治療を受けている。いわゆる被験者の立場であるのだが、受講生だけでなく先生も治療に加わってくれるので、そこは安心している。

霊的ヒーリングやら気やら、まだまだ自分にはよくわからない世界だが、わからないものはわからないまま、とりあえず受け入れて、自分の反応を見ている、てな状態。

今回は、先月のように「ネット越し」ではなくて、直接「気」を自分に送ってもらった。しかし、正直言って、

「よくわかんない」

状態である。

ただ、3人のヒーラーのうち、1人が私の胸に手を当てた時、なんか「あったかい」を感じた。これは体温の温かさなのか、それともこれが「気」というものなのか、自分には区別はつかない。

私は理系だからなのか、それともそういう性格なのか、ときどき「理屈っぽい」と言われる。(本人の自覚はあまりない)
しかし、以前にも書いたが、「気」というものも含めて、非科学的、超自然的なことやスピリチュアル系のものに関して、頭ごなしに否定するわけではない。納得の行く説明がなくても、「これは自分の役に立つ」と思ったものは取り入れるというスタンスである。レメディーもまたその1つである。

東洋医学やらスピリチュアル系やら、いろんなところで出てくる「気」というものに関して、興味はあるし、実際に自分が体感できればおもしろそうだと思っている。しかし、今のところよくわからない。「気を送っています」と言われても、それを体感できないのだ。

ただ、その後に「ちょっと何かよくなりましたか?」と聞かれると、言われてみるとよくなったような気もする。文字通り「気」のせいなのか、それとも単なる気のせいなのか。

プラシボ的なものかもしれないが、自分自身は「プラシボでも、効けばそれでいいじゃないか」と思っている。まあこれはこれでそのうち、何かを感じ取れる様になるかもしれないし、ならないかもしれない。それはそれでいい。とりあえず続けてみるべ。

今日は、先月に行ったスピリチュアルな「心理ワークショップ」の2回目。いつもより早起きして、バスと電車に揺られて行かないといけなかったが・・・

起きれなかった(T_T)

それどころか、「多少遅れてもいい」ということになっているのに、起きた後、頑張って行く気力も体力もなかった。大きな声で書けないが、

行きたくねー!!

と思ったのだ。一昨日からむっちゃしんどい状態が続いていて、今日も起きてからしんどいのに、頑張って着替えて外に出てバスに乗って電車に乗り換えて駅から15分くらい歩いて・・・・

果てしなく遠い道のりに思えた。正直、先月のワークショップの感想が、

「なんか実感としてよくわからなかった」

だけに、そこまで頑張って行くだけのモチベーションが上がらなかった。

とは言え、月一で先生が関西から来るのだ。別に自分のためだけにわざわざ、というわけではなく、「カウンセリング東京講座」の受講生のための実習として、ボランティアで治療を行なっている。自分は友人Fのコネでそのわずかしかない枠に入れてもらっている状態。すっぽかしていいものではない。先生にも友人Fや受講生の方にも迷惑がかかる。

とりあえず友人Fに、めっちゃしんどいけどどうしよう、とメール。すぐに返事が返ってきて、午後の部がなんたらとか、いくつか選択肢があるようだったが、昨日、一昨日と同じような状態の自分は、ちょっと出て行くのは無理そうだった。

結局、Skypeのビデオチャット越しに治療を受けることになった。まあ、カウンセリングならそういう手法もある。自分の顔色や表情などもある程度見て取れる。その様子を見て、「背中が詰まっている」とか、「仙骨と喉の奥を楽に」など、先生がいくつかアドバイスをくれたのだが、その後、不思議な不思議なことに、

「これからそちらに気を送りますから」

とネット越しに気を送っていただいた。

ネット越しに、である。

「気」というものは、実に様々なところで出てくる。これに関しては、私も全否定はしない。これは先日に書いた「非科学的なことに関する自分のスタンス」どおりである。(「つらくなったら眼球を上に」参照)

「気」は目に見えないし、本当にそんなものが存在するかどうかもわからない。しかし、体から何かのパワーというかエネルギーが出ていて、特に手からそれが放出され、何らかの作用を及ぼす、ということは、まああり得るだろうとは思っている。

しかし、それをネット越しに送る、と言われると、

???

の世界である。ちょっとわけがわからなかったが、とりあえず、なすがままに5分くらい気を送っていただいた。

その後、「心臓の辺りをさすってください」と言われ、さすってみたところ、

「温かくなっていませんか?」

と言われた。フリースの上からさすっているから、その時点で当然温かい。

「温かいですが、『気』のおかげなのか、今さすったからかはわかりません」

と答えると、「まあ、それはそれでいいです」と笑っていた。

その後、向こうのPCの調子がおかしくなったのか、かなりノイズが入るようになって一旦中断し、向こう側では講義が行われているようだった。

しばらく経ってまたSkypeに着信があり、再びビデオチャットをすると、

「さっきよりも顔色がよくなっているね」

と言われた。それはそれはよかった。でも、何の因子がそうさせたのかはわからない。まあ、よくなればなんでもいいのだ。

自分にとってはその後の会話の方が実があった。

「普段から何か自分でやっていることはないですか。例えば呼吸法とか」

というようなことを聞かれたので、昔ボイストレーニングを受けていたが、それが呼吸法そのものに近い、と話した。さらに、そう言えば先月に教わった体操のうち、肩甲骨を開いたり閉じたりするのを意識する、というのがあったのだが、これに近いことをレッスンでやった記憶がある、とも話した。体の中の空間を広くイメージするためのもので、ほどよく力が抜けていると声に伸びが出る。

そういう話をすると、先生は、

「そういう自分なりの体調のコントロールのしかたを身につけるのがとても大事」

だと仰った。うむ、これに関してはむべなるかな。

正直、今朝起きた時にはあまりのしんどさに「友人Fには申し訳ないが、もうこのワークショップは今後はお断りしようかな」と思ったのだ。だが、今日ネット越しだが二度目をやってみて、やったこと全てを100%受け入れられなくても、少しでも何かしら得るものがあればそれでよし、と思った。

でも、やっぱり「気」の部分はよくわからない。

前回の続きで、スピリチュアルな心理ワークショップの話。今回はお誘いから参加に至るまでの経緯である。この記事は連作なので、(1)を読んでいない方は、そちらから読んでいただきたい。今回は長くなってしまった。

友人Fと久しぶりにメールをやり取りしていると、彼女からこんな話が出た。

下記、もしよかったら遊びにきませんか。
ちょうどいいタイミングでこんなイベントがあったわ。

■心理ワークショップのお誘い

月一回、心理療法の先生が東京に来るのね。
ボランティアで悩んでいる人の治療を無料でやっているの。体の悪いところも見てもらえるよ。
   :
   :
(以下その説明)

正直「ちょっとこれは・・・」と思った。この類の話は、通常はお断りするところである。

先月の日記でも書いたが、私のような病気を抱えていると、いろんな人がいろんな話を持ってくる。みんな善意で紹介してくれるのだが、健康食品やらサプリメントやらなんとか還元水やら怪しいスピリチュアル系のものやら宗教やら、もう様々である。

そしてそれらは、なんだかんだ言ってけっこうお金がかかるものがほとんどだし、勧められるものを次から次へと試せるわけもない。そういうわけで、どれも丁重にお断りすることにしている。これが私の基本的なスタンスである。

しかし、今回は勧めてくれたのが友人Fというところで、自分の心に少し引っかかった。前回の記事でも書いたが、彼女は特別な何かを持っていると自分は感じている。本物を見極める嗅覚といっても良いかもしれない。

かと言って、それだけで簡単に受け入れられるというわけでもない。その理由が、これが「スピリチュアル系」だということ。そしてもう一つが「無料」というところ。

まず、「スピリチュアル系」についての話をしよう。

前回の記事で「先生」と書いたのは、関西にある鍼灸院の先生である。ホームページを見たところ、鍼灸院と言っても肩こりや腰痛などの治療だけではなく、抑うつやノイローゼ、不安感、摂食障害などのメンタル面の治療もしており、身体療法や心理療法を行なっているそうで、

「身体の悩みも心の悩みも、きっと根っこは同じです」

とのこと。これはまあ、ある程度理解できる。

しかし、戸惑ったのが、そのホームページに散りばめられたキーワードの数々。

「野口整体」「心理療法」「気功」「東洋医学」「催眠」「家族療法」「易」「数秘学」「占い」「霊性」

こ、これはまさしく、間違いなくスピリチュアル系の証。「整体」や「心理療法」「東洋医学」などはまだ理解できるが、「易」やら「霊性」やら、ちょっとこの辺りになると、自分には???の世界。

このようなスピリチュアル系のものに対しては、自分自身は懐疑的である。ただし懐疑的ではあるが、全否定はしない。これに関する自分の考察は、後日また書くことにする。

話を鍼灸院に戻そう。その先生はカウンセリングのスクールもやっており、東京講座も行なっている。友人Fはその受講生で、2年間くらいカウンセリングを勉強しているという。カウンセリングといっても、臨床心理士のような国家資格ではなく、あくまでもこの鍼灸院の先生のやり方を踏襲したメソッドを身につけるものらしい。

そしてもう一つ気になった「無料」の誘い文句。

あくまでも一般論だが、「ただより高いものはない」という言葉があるように、「無料」とつくものには何か裏があるかもしれないと常々思っている。それは宗教や怪しい自己啓発セミナーの入口だったり、悪徳商法や詐欺の餌食への入口だったりする。だから、金がかかるのは敬遠するが、全く金がかからないものは、それはそれで警戒するのだ。

友人Fに、なぜ無料なのか尋ねてみた。その答えが、

無料なのは、このワークショップが教育病院的な意味合いを持っているからです。お医者さんも研修医時代があるように、カウンセラーも実際の患者さんを見つつ、研修の時期が必要であると、先生は考えているのと、またグループでやったほうが治療の効果が上がり、カウンセラーと患者の依存度が少なくて済むという見解があります。

とのお答え。なるほどそうか。って、おいおい被験者かよ、と思ったら、その続きに、

まず、治療に関しては、カウンセリングコースの卒業生3人(私とその他二人)と先生のチームで担当します。つまりグループです。一応、私も入ってるから安心でしょ。

ああ、ちゃんとグループに先生が入っているのね。それはそれで納得がいくし、私が信頼している友人Fが入っているから、安心というか、不安要素は軽減される。とは言え、やはりこの手のものには抵抗がある。

しかし、その後に彼女がくれたメールが、私の心を動かした。それは、その先生の治療方針を書いたもので、そこから抜粋すると、

まだまだ明確な方法論はないのだが、こういった方々のサポートをしていく上で、今言えることは、次の二点である。

1 精神医学であれ、心理療法であれ、ひとつの分野だけでは難しいということ。
様々な分野の芸術家、ボディワーカー、また気功やヨーガ、瞑想など心身変容技法の専門家など、いろいろな分野のプロが協力できる体制が望ましい。

薬物療法の限界を感じている私にとって、いろいろな分野から多角的にアプローチする、という考え方は、なるほどと頷けるものがあった。ただ、上に掲げられた分野には???なものも多いが。

それから、そのメールの冒頭に彼女が書いた、以下の文章。

これ読んで、もし興味あったらということなので、あまり深く考えないでね。
あと宗教団体やスピリチュアルな商売とは一切関係していないのでご安心を。
私も本業はカウンセラーじゃないから、商売とも関係ないので安心して。

宗教団体やら商売とは無関係だと言われても、はいそうですか、と簡単には思わない。それくらい私の猜疑心は強くなっている。しかし、よく考えたら彼女は知っているのだ。私が経済的に困窮していることを。

そういった経緯があり、最終的には自分の中で、彼女を信じてみようと思った。実は彼女を信頼できる根拠は10年以上前に遡る。下記は私が療養のために入院したときに、彼女がくれたメールの一部。送信日付は2001814となっている。

気分のアップダウンのある性格もひっくるめてはまーさんなんだから、そのままのはまーさんでいいんです。気楽にやればいいと思いますよ。

病院から帰ってくれば、みんなが迎えてくれます。みんなが支えてくれる。
決して一人ではないということを忘れないで下さい。

人生は長いレースだと思います。でも最後に勝つのは、ウサギではなく亀ですよ。ゆっくりやりましょう。
そして美しいものを沢山見て、美しい歌を沢山歌って・・・・。
だからそうするために、今はよく休んで下さい。

過去のメールを検索していて、このメールを発見したときは、改めて涙が出そうになった。彼女はずっと変わらない。ずっと前から自分を気にかけてくれて、支えてくれていた。

わからないことや懐疑的なことはたくさんあるが、騙されたと思って行ってみよう。そう思わせたのは彼女の人徳ゆえである。

昨日は友だちのお誘いで、「心理ワークショップ」というものに参加した。カウンセリングとは違って、「ワークショップ」である。正直、どういうものかよくわからないまま参加した。

 友だちというのは山岳会の仲間で、何回かこのブログにも書いた、何かスピリチュアルなものを感じさせる女性である。自分は彼女のことを勝手に「物事の真贋を見抜く目を持っている」と思っている。このブログでは何人もの友だちが出てきたが、彼女のことはこれからも出てくるだろうから、他の友だちと区別して友人Fと書くことにする。

 友人Fは私が去年の11月にODをした後、ブログを見て久しぶりにメールをくれて、12月にはうちにも遊びに来てくれた。多方面に情報通である彼女は、今の自分の悩みを解決するために有益な、いろいろな情報を提供してくれた。

自分自身、毎日大量の薬を飲んでいるのに、一向に体調が安定しないので、他に現状を打破する何かがないか、糸口を探していたところだった。うつ病学会が多剤投与を見直すガイドラインを作成したことを教えてくれて、減薬を勧めてくれたのも彼女だ。

えっと、それで何から書いたらよいものやら。まず最初に書いておくと、このワークショップは、自分が懐疑的だった「スピリチュアル系」のものである。いつもならそのようなお話はお断りするのだが、今回ははじめてこの方面に手を出してみた。その経緯はおいおい書くことにして、というか実際に書き出したら、話の本筋に至るまでにえらく長くなってしまったので、それは後日アップすることにして、とりあえず昨日やったことだけをかいつまんで書くことにする。


まず「先生」がいて、さらにその先生の教え子が2人いて、そのうち1人が友人F。最初に自分が何を悩んでいて何をどうしたいかを話し、その後に少しスピリチュアル的なことをやって、気を送られながらマッサージのようなものを受けて、体をほぐす簡単な体操とツボを教えてもらった。そしてアドバイスをいろいろもらった。「心理ワークショップ」と言われたが、自分の場合は心理的というより、身体的なアプローチのほうが効果的とのこと。


はあ、かいつまみ過ぎて、何がなんやら。でもあまり具体的に書いてもなあ、というか具体的に書いていいものやら、と思ったので、とりあえずこんな感じで書いてみた。実際にやった具体的なことは、自分自身が覚えている限り記録してある。

とりあえず感想としては、

「スピリチュアル的なことは実感としてよくわからなかったが、身体的なことに関しては、確かにつらさが緩和されたのて、成果としてはゼロではない」

という感じ。正直あまりよくわかってない。

まあ、何もしないよりかはまし、というのは感じた。かと言って過剰に期待するわけでもない。あくまでもニュートラルなスタンスで否定も肯定もせず、理解できないこともあるが、それはそれで理解できないまま受け入れて、とにかく続けてみよう。

最後に、今日のワークショップで自分が重要だと思ったキーワードを2つ。

「間が大事。間を開けること」
「自分が気持ちいいと感じるまで続ければ良い」

 やはり何がなんやら。今日はここまでにしておこう。