TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2015年8月

退院してから昨日で1週間。3日前くらいから少しずつ調子が上がってきて、昨日は活動レベルがかなりあがっていた。その昨日は1回めの通院だった。

入院中から続けている心理面接のあと、診察を終え、帰りがけに昼食を食べ、調剤薬局に寄って帰ってきた。それだけなのにかなり時間がかかったのはIngressのしわざである。よくわからないままこのゲームにはまりつつある。余計にちょっと疲れてしまった。

今日になったら、少しまたしんどい。しかし先週に引き続きまた皮膚科に行かないといけないので、頑張って行った。1週間で肌の状態はだいぶ落ち着いた。

アップダウンが激しい1週間だったが、しばらくこういう状態が続くんだろうな。

 

あいかわらずしんどい。しんどいが、最低限やるべきことはやらなくては。

内科の薬がもう残り少ないので、午前中に近所の内科へ行ってきた。7月に入院中の病院で行った血液検査の結果を持って行った。中性脂肪もコレステロールももう1年以上正常値をキープしているので、そろそろ薬を減らしてくれるかと思ったが、まだ減らしてくれない。中性脂肪とコレステロールの薬を3種類も飲んでいるのに、こんなに飲む必要あるのか?1種類だけバカみたいに高い薬があるので、それをいい加減抜いて欲しいのだが。内科に行くと1回で5千円近くかかるのは全くバカらしい。

それだけで疲労困憊で帰ってきて、昼からしばらく寝ていた。不眠で入院したのに、戻ってきたら過眠になってしまった。昼も夜もたっぷり寝てしまう。15時くらいに起きて、その後スマホを手にして散歩に行った。Ingressはまだまだよくわからないが楽しい。こんな近所にこんな公園や石碑があったのか、などと新たな発見が大きい。

明日も気力があれば、今度は別方面に散歩に行ってみよう。

今日も体がしんどくて横になっている時間が多かった。こんな中途半端な状態で退院してどう転ぶか自分でもわからなかったが、どうやら悪い方に転んでいるようだ。

そんな中、午前中はなんとか区役所に行って自立支援受給者証の病院変更と薬局追加をしてきた。横浜市は薬局を2つ登録できるので、今利用している薬局はそのまま残して、もう1つ病院への行き帰りの途中にある薬局を適当に検索して指定してきた。

自分が入院していた病院は割りと大きな病院なのに、なぜか周りには薬局がない。と言うか何もない。昔は住宅すらなかったらしく、人里離れた、いわゆる「隔離された精神病院」だったようだ。今も随所にその名残がある。

ついでに散歩のために「Ingress」とやらを始めたが、なんだかよくわからない。わからないけどなんだかおもしろい。これやってると散歩に出るモチベーションが上がるなあと思いつつ、もうちょっとあちこち寄りたいけどしんどい、という状態なので用を済ませて帰ってきた。

早く元気になりたい。

退院してからしんどくてずっと寝ている。あまり体調が回復していないのに退院したのだが、退院する前はわりと楽観的だった。しかし、現実は甘くなかった。

とりあえず、しばらくは入院していた病院に通院するので、自立支援の指定病院と薬局を変更しに区役所に行きたい。しかし、それすらもしんどい状態。次の通院日が今週の金曜日なので、木曜日までには行かなければ。薬局も探したいところだが、とりあえず今のところまで足を伸ばそう。

眠れるようになったのはいいが、今日は1日寝ていた。これでまたリズムが狂ったらなんの意味もない。心理面接も続けているのだが、宿題となっている認知行動療法の活動記録表には何も書くことがない状態。

これからいろいろやらなきゃならないのになあ。部屋の中もぐっちゃぐちゃだ。整理したいが気力がない。

2日前に退院した。と言っても、状態はあまりよくない。と言うかかなりよくない。諸々の厄介な事情が重なって、しかも複雑に絡み合って、おまけに妻の病状も悪化して、これ以上入院している場合ではない、と思ったからこういう状態ながら敢えて退院した。電気けいれん療法も結局はやっていない。

えっと、何から書いたらいいか。

とりあえず、入院していた病院にしばらくは通院して、その間に転院先を探さねば。今まで通っていたクリニックには今後通えなくなるのだ。これも事情の一つである。細かいことはおいおい書いていくことにする。