TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2015年12月

かろうじて。

本当にかろうじて生きている。

10月の中旬から2ヶ月間、地獄だった。何もできない。ずっと寝たきりの生活。朝起きて顔を洗ったりひげを剃ったり、という当たり前のこともできなくなった。風呂も2日に1回なんとか入れればいい方だった。アトピーの塗り薬も塗る気力がなく、乾燥も相まってアトピーが全身悪化して大変だった。でも自力では皮膚科に行けず、妻に薬だけ取りに行ってもらった。

精神科の病院にだけはなんとか行った。3回もタクシーを使った。今は入院していた大きな病院にそのまま通院しているのだが、ちょっと遠いので痛い出費だった。

 

今年はさんざんな1年だった。正月は少しだけ調子がよかったが、一度調子を崩してから眠れなくなり、昼夜逆転状態になってから心身ともにぼろぼろになって4月に入院。クロノセラピーの治験やらなんやらやって一度はよくなったものの、また一気に悪化。なかなか良くならないので、最終手段として電気けいれん療法をやることにして、8月頭に同意書にサイン。そのスケジュールだったら退院は早くても10月になる予定だったのだが、いろいろ事情があって電気けいれん療法はやらずに8月末に退院した。

クリニックから紹介されてきた入院患者は、退院したらクリニックに返す。それがこの病院の決まりなのだが、実は自分には元のクリニックに戻れない事情があり、新しい病院を探さないといけない。そういう事情があるのと、病院側としても治療が中途半端な状態なので、年内を目処に引き続きこの病院の外来に通っている。その間に区役所の精神保健福祉士に相談して、次のクリニックは決めた。来年の1月に転院予定。

 

来年はどうなることやら。とりあえず転院先の病院と相性が合うといいのだが。