TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

昨日は21時半に寝ようとしたが、またもや眠れずに30分経ってから牛乳を飲んでチーズを食べた。ふと、今日は生活支援センターで面談があるのに、そこで話すことを書いたメモを作成したものの印刷していなかったことを思い出してファイルを開き、少し手直しして印刷した。その後はすんなり眠れた。

朝はまた起きられない。しんどくて動けない。9時をまわってから作業所に連絡してまた寝る。トイレに行きたいのだがしんどくて動けない。10時半を過ぎてからようやく起きて遅い朝食を食べた。ちょっと今日は動くのは無理だった。昨日作業所に行ったのは判断ミスだったのか。新年初っ端からやらかしてしまったかもしれない。

なんとか朝食を食べてからまた横になる。気がついたら13時を過ぎていた。慌てて作業所に連絡。行けそうだったら行くかもしれないのでまた電話します、と言っておいたのだ。今日はもう無理で、明日は生活支援センターのプログラムがあるのでお休みします、と伝えた。明日はWRAPに出たいと思っていたのだが、この体調だと厳しいな。なんとか回復させないと、と思っていた。

お昼過ぎ、大阪でもらってきたお餅でお汁粉にした。そう言えば関西は丸い餅だった。昔は当たり前に見ていたのに、上京して四半世紀以上経つと、懐かしいと言うより新鮮に感じる。雪見だいふくみたいだ。

丸餅

焼いたら雪だるまみたいになりました。

雪だるまのお餅

お汁粉は大阪でもいただいたから、今年2回目。「お汁粉」と「ぜんざい」の区別は関東と関西で違うらしい。下の写真は関西では「ぜんざい」と言われるものである。

お汁粉

今日は16時から生活支援センターで面談。これはなんとか行かないと、と思ってお汁粉を食べた後もギリギリまで寝て、なんとか頑張って行った。毎回話すことをワードで紙にまとめて行って、それを渡して話をしているのだが、なんだかだんだん長くなる。1ページ半になってしまった。先月の体調の話、年末年始の帰省の話、帰ってきてから軟着陸したと思ったら昨日から調子を崩した話などなど。話しているうちに頭が整理されてきた。やはり自分は睡眠がキーワードである。睡眠をなんとかしないといけない。

それから、前に調子を崩したときに、できるだけさっさと寝ようと思って夕食を食べたら自分で風呂を洗って薬のセッティングをして目薬をさしてトイレ掃除をして、ということをやって何も考えずに体を動かしたら気分が上がってきたことがあったことを思い出し、今日もそれをやってみようと思った。

明日はWRAPに出る予定だったのだが、支援センターに行って予約表を見てみたら誰も名前を書いていない。WRAPは同じテーマで月に2回あって、2回目の1月22日には常連の名前が書いてあるので、自分もそっちに出ることにした。ひとりでWRAPやってもなあ。明日は休みますと作業所に連絡してしまったけどどうしよう、と面談で話すと、ゆっくり休めばいいんじゃないですか、調子が悪いから慣らし運転で、と言われた。うん、しばらくは慣らし運転で行こう。ふらりとセンターに来れば、ふらりと来たメンバーがいたりして、なんだかんだ言ってWRAPをやるかもしれません、と言っていたので気が向いたらふらりと行ってみようかな。

というわけでこれから夕食を食べるので、その後は全自動で動いて寝る予定。明日は元気になれるだろうか。

昨日初通院したので、去年の医療費の領収証をアーカイブし、一昨年の分を廃棄しようと整理したらこんな分厚さだった。金がかかるわけだよ。

医療費の領収証


コメントする

メールアドレスは公開されません