TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

今日は7時10分起床。23時半に寝たにしてはなんとか起きれてよかった。朝の雑事をいろいろこなした後、9時に家を出て作業所へ。今週から金曜日も行くのだ。ただし今日は午後から生活支援センターで面談があるので午前中だけの勤務。面談をもっと遅い時間にしておけばよかった。

行ったら給料をくれた。振込ではなくニコニコ現金払いである。

工賃明細書

作業所は毎月末締めの15日払いで、私は4月30日から正式に出勤したから1日分。本当は先週15日にもらえるはずだったのだが、そのときは私の給料が来ていなかった。4月30日から正式に利用するということになっていたのに、おかしいな、受給者証がまだ来てなくて正式な契約がまだだからかな、まあ1日分くらいいいや、と思っていたが、単なる事務方のミスだった。と言うわけで今日に支給。

1日分だからほんの数百円だけど、働いてお金をもらった。何年ぶりかわからない。その当たり前のことができなかった時間があまりにも長かった。みんな一生懸命に働いているのに、自分は働きもせずに障害年金なんてもらって遊んでばかりで、などと良心が咎めることもあった。

ここで欲を出してはいけないと自分に戒める。我々は金のために働いているのではない。私は徒歩で通っているからまだ少しはプラスになるが、電車で来ている人は交通費とお昼代でマイナスになってしまう。それでもみんな働くのだ。人は、自分のできる範囲のことで、できることを精一杯やればいい。もっとお金がほしいから、もっと勤務日を増やしたい。そして自分のキャパシティを超えてしまう。そうなってはいけない。欲を出してはいけない。欲は自分の進む道を見誤らせてしまう。

「良心に恥じぬということだけが、我々の確かな報酬である」

「神様のカルテ2」で出てきた言葉である。非常に気に入ったので書き留めておいた。何かしら人の役に立つことをした。その誇りだけを胸に刻めばいい。

午後からは生活支援センターに行って面談をして帰ってきたが、今日はあまりにも暑いのでアイスを買ってしまった。5月なのに30℃超えるってどういうことだよ。と文句を言ってみる。

アイス

今日の動画。ウルフルズ「いい女」。意味合いはちょっと違うが、まさに「お金より 見た目より 車より 心意気」である。この歌詞が出てきて思い出したが、昔女の子と「どうしたら彼女できるだろう」という話をしていたら、「車持ってる?」と聞かれて「持ってない」と答えたら、「やっぱり男の人は車持ってないともてないんじゃない?」と言われた。「車持っているからほいほいとついてくるような女は願い下げじゃい」と思ったのであった。


コメントする

メールアドレスは公開されません