TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2014年12月

今年も残すところあと1日か。年々時間が経つのが早くなる。

今年の第4四半期は激動の3ヶ月だったな。来年の今頃は自分たち、どうなっているんだろう。

うすうす気がついている人もいるかもしれないが、ブログのデザインを変えてみた。

せっかく仕事でWordPressをやったから、Movable Typeから乗り換えてみた。データの移行は思ったよりスムーズに行った。WordPressの方がはるかに扱いやすいな。各記事へのパーマリンクもMTと同じように設定できたから、検索サイトから来る人も404に遭遇しなくて済むだろう。

またちょっとずつカスタマイズしていくとするか。

今日は朝起きたらなぜか元気だった。なぜいきなり元気になったのかはわからないが、そういう病気なのだ。

そして皮膚科と耳鼻科に行った。乾燥しているのと、ずっと布団の中にいて体自身が温かったため、思った以上にアトピーは悪化していた。頭も痒いと思ったら、最強の薬を出された。

2~3日前から耳の中が痛かったので、耳鼻科にも行ったら中耳炎だった。なんでこんなに病院ばっかり行かないといけないんだ。既に今年の医療費は35万円を超えている。

しかしまあ、体調が回復して病院に行けたから良かった。このまま年末年始を迎えたら大変だったかもしれない。

相変わらず調子が悪く、1日じゅう寝たきりである。寝こむことが多い、というのではなく、本当に朝から晩まで寝たきりなのだ。トイレに行くのもやっと。

夜になると調子は割りとましになるのだが、今度は夜に眠れない。困った。眠剤が全く効かなくなった。

昨日はメンタルクリニックへの通院日だったのに、どうしても動けなくて、妻に薬だけ取りに行ってもらった。調子が悪い時ほど、きちんと病院に行って主治医に自分の状態を話し、薬の調整なりアドバイスを受けたりしなければならない。

しかし、通院が無理だったら、最終的には入院が必要となるかもしれない。なんせ具合が悪いのに病院に来ないのだ。眠れないとか言っても、本人が来なければ薬もいじれない。強い薬を処方しようとすると、、外来では処方できないので、入院ということになる。

もう3回も精神科に入院しているのに、4回目はごめんである。しかし、精神科には「医療保護入院」という、本人の意志とは無関係に強制入院させることができる。自分、あるいは他人に危害を与える場合に使われる手段だが、自分には前科がある。医師も早めに手を打ってくるかもしれない。

なぜこんなことになってしまったのか。

こんな時間になっても眠れない。やっと眠れたと思ったら、朝起きたら動けなくなってしまう。

今年中に内科、皮膚科、区役所、そしてもしかしたら税務署にも行かないといけないかもしれない。今日が23日の火曜日だから、実質24日から26日の3日間しか時間はない。無理矢理でも体を動かさなければ。

まだ眠気は来ない。まったく眠くない。眠剤は効かない。バルビツール系を出してもらおうか。

しんどい。
1ヶ月半くらい、走りに走り抜けたからだろうか。
1週間以上、寝たきりである。
いつもより深い抑うつ感。それがずっと続いている。

無理を重ねた結果、また1段ベースのレベルが下がったのだろうか。
同じことばかり繰り返している。

もう何もかもおしまいだ。

何回もそう思ってきたが、なんとかなってきた。

なんとかなるのかな。