TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

冬の寒さも厳しくなってきたが、うちではまだ暖房は入れていない。暑いのは我慢の限界があるが、寒いのは着こめばなんとかなる。フリースを重ね着して、室内なのに首にマフラーを巻いたりして、たまに外に来ていく用のダウンを着たりして頑張っている。

いつまで暖房を入れずに頑張れるだろうか。と言うか、やせ我慢せずに暖房を入れたほうがいいのだろうか。しかし、下手にエアコンを入れると、むちゃむちゃ乾燥して却ってつらいのだ。皮膚はガビガビになるし、喉はからからになる。二人ともドジなので、ストーブは怖い。ファンヒーターもうちにはあるのだが、それはそれでやはり乾燥する。

それでも限界がきたら、エアコンを入れざるを得ない。その対策として加湿器を買った。どれくらいの大きさで、どういう機能があって、どれくらいの価格か、先日ヨドバシで偵察をしてきたが、ピンからキリまである。

帰ってきてから、今度はネットで情報収集をしようとした。いつもなら、いくつか候補を選んでから比較検討するのだが、疲れていたので人気商品に決めてしまった。価格.comで売れ筋商品を調べて、1位の製品は1万円を超えていたのでパスし、2位の製品をAmazonで調べ、レビューを見てみた。どうやら好評のようで、価格も3,854円とまあ手の届くところだったので、そのままAmazonで注文した。

 

加湿器

Apice アピックス 超音波式アロマ加湿器 【SHIZUKU PLUS+】 モイストホワイト AHD-012-WH

アロマ機能は別にいらないが、ついてても邪魔ではないので、まあいいのだ。デザインも気に入ったし、試しにエアコンを入れて加湿器を使ってみたところ、肌も乾燥しないし、喉も渇かない。どうやら失敗の買い物ではなかったようだ。

これではじめての団地での冬を乗り切ろう。


コメントする

メールアドレスは公開されません