TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

くさのほはーのびー、

つるーはーのびー、
じゅえきはーのぼるー
はをーかさねーえーだをのばしーそれはのーびるー
 
いかん、これ以上やると著作権侵害になるからやめておこう。(すでにアウト?)
 
 
今日は月に1回の団地周りの清掃。清掃と言っても実際にやるのは草むしり。我々は2回目の参加。朝7時半からだったが、そんなに早起きするのはまだちょっとしんどい。最近では8時~9時くらいに起きているのだ。それでも早くなった方だ。
 
先月あんなにきれいにしたのに、1ヶ月で草は伸び放題。遠慮ってものを知らない。しかし、自治会で所有している電動芝刈り機があり、それを使って一人がうぃーーーーん(bvワッキー)と大雑把に刈った後、ほうきで草の束を集めつつ、細かいところの草を刈る。なので作業自体はそんなに大変でもない。大変なのは暑さの方だ。
 
5月とはいえ、既にけっこう暑い。水分を人より多く必要とする私は、既に熱中症警戒域に入っている気がする。斜めがけにしたペットボトルの水を飲みつつ、つゆだく、もとい汗だくになりながら黙々と、たまに団地の人とお話をする。
 
まだまだ顔と名前が一致しない人が多い。階段などで会ってこんにちはと挨拶をしても、名前がわからない。知りたいこともまだまだある。こういう機会に名前を聞いておいたり、知りたいことを聞いたりすることにしている。
 
今日は、窓にすだれをつけたりベランダの柵に覆いをしているところが多いので、夏場になると日差しがきついのかどうか聞いてみた。すると、けっこうきついし、うちは一番南の端の棟で、さらにうちは4階なので、なおさら日差しが厳しいのではないかとのお話。坂の上に建っている団地の4階である。見晴らしはよいが、日光を遮るものが何もない。
 
今は日当たりがいいと喜んでいたが、真夏になるとそうも言ってられないようだ。これからどんどん暑くなるだろうから、日差し対策はうちも考えよう。100円ショップでもすだれが置いてあったので、そんなに高くないようだ。
 
ところで、この夏電気は足りるのだろうか。東電の需給見通しは、あくまでも「昨年来の節電の効果などを踏まえ」の数値なのだが、報道番組などの街角インタビューを見ていると、そこをわかってない人が多いような気がする・・・。
 
 
 
はじけ。

コメントする

メールアドレスは公開されません