TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

早いもので、引っ越してから2週間以上経っている。引っ越しの1週間前くらいから梱包を始めたのだが、だんだん腰が痛くなり、途中からコルセットをはめてなんとか凌いでいた。しかし、引越当日には腰が悲鳴をあげていた。

その後、徐々に痛みは引いていったので、そのままにしていれば治るかな、と思ったのだが、いまだに腰が痛い。普通に立ったり座ったり、伸ばしたり縮んだり膨らんだりしても痛くはない。しかし、何かを持ち上げたり、少し腰に負荷がかかると痛む。ギックリ、とかピキッ、というほどではないが、静かに痛い。
 
心配なので、今日の午前中に整形外科に行ってきた。レントゲンの結果、骨や椎間板には特に異常なし。単に腰に負担をかけ過ぎただけで、湿布を出してもらった。痛みが治まるまでは無理をしない方がいいが、落ち着いたら腹筋やら背筋を鍛える運動をしなさいと言われた。
 
ちゃんと日頃から体を動かさないといけないなあ。調子が悪い時はそれどころではないのだが、動ける時はできるだけ体を動かすようにしよう。せめてストレッチくらいはやらなくては。
 
今月の出費がすごいことになっている。引越代やら家具を買ったりとか、それらの出費は想定内だが、医療費に関しては想定外だった。喘息で内科、結膜炎で眼科、腰痛で整形外科。これ以外に、高コレステロールや脂肪肝のために定期的に通院している内科、アトピー治療のための皮膚科、そしてメンタルクリニック。妻の分も加えると、今月の医療費は27,460円。これも引越し貧乏の一つというべきか。

コメントする

メールアドレスは公開されません