TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

一昨日に無事退院した。病院を出たのがちょうど10時頃だったので、荷物を妻に預けて自分はそのまま会社へ直行。久しぶりに仕事をして、なかなか楽しかった。やはりPCに向かってないとつまんないのだ。昼食後、40分くらいしてからウォーキングに出た。まず会社の敷地内をぐるっと一周。これだけで10分かかる。そして戻ってきて今度は1階から9階まで階段を上って下りた。これがけっこうきつくて、2日経った今でも筋肉痛である。いきなり飛ばしすぎただろうか。しかし、その後に血糖値を計ってみたら、食後1時間の血糖値は入院中は正常範囲を超えていたのに、その日はそれよりだいぶ低く、正常範囲内だった。うむ、理論どおりである。これは続けなくては。

糖尿病教室で、水虫を放っておくだけでも危ない、という話を聞いて、ほったらかしにしていた水虫の治療をしようと昨日皮膚科に行った。足の裏でなく、爪白癬もあるので、根気よく治療していきましょう、と言われた。水虫を完全に治すのはなかなか難しいが、めんどくさらずに毎晩薬を塗らなければ。

その後、妻の実家にお邪魔して義母や姪とお喋りをしていたが、15時頃に妻とウォーキングへ。赤レンガ倉庫まで行ってラ・マシン(巨大グモ)を見たかったが、時間が合わなかった。次の回は17時からだったのだが、18時頃また妻の実家でみんなで夕食の予定だったので、今回はパスして公式記念グッズ売場へ行ってあちこち物色。せっかくだから開国博かたねまるくんのTシャツが欲しかったのだが、サイズがMとLしかない。LLはなかったよ。やはり太っていると何かと損である。

帰ってきて食事して、20時頃にお暇して帰宅。病院生活も勉強できたりストレッチをやったりと悪くはなかったが、やはり精神的に開放感を感じる。せっかくの入院を無駄にしないように、これからも食事療法と運動療法は継続し、定期的に血糖値を計ってコントロールするのだ。


コメントする

メールアドレスは公開されません