TOPに戻る
鬱るんです
躁鬱病の元ITエンジニア「はまー」が心と体の模様を記した雑記帳。 大手IT企業で心身ともにぼろぼろになり退職した後、派遣のエンジニアをやったり小さなIT企業でほそぼそと働いたり、Web制作事業を立ち上げようとしたりしたが、今は就労継続支援B型事業所でリカバリーを頑張っている毎日。

月別アーカイブ: 2007年6月

先週何年かぶりに復帰した合唱団の練習に行ってきた。
今日はグレゴリオ、Byrd、そして現代物のWhitcreという作曲家の曲の練習だった。

グレゴリオとByrdはまあいいのだが、Whitcreは初めてだった。私の知らない作曲であった。楽譜をもらったとき、何て発音するのかもわからなかったが「ウィッテカー」と発音していた。

曲は、まあいいはいいんだけど、よくわからない。基本的に私は現代物がよくわからないのである。好きとか嫌いとかでなく、まあ曲によってこれは好き、これはいまいちというのはあるけど、好きでも嫌いでもどちらにしろ「よくわからない」のだ。私には理解できないのである。

それにしても長い間ヴォーカルアンサンブルをやっていたおかげか、自分が音を出しながら全体のハーモニーを聴くことが前よりもきちんとできて、その和音の中でどういう役割を担っているのか歌いながら理解し、自分にフィードバックできるようになってきた。

でも、和音自体がよくわからないのが多いんだけどね、現代物は。

昨日は0時就寝。通院して卓球の練習に行って帰ってきて、なんだかんだしていたらこんな時間になってしまった。飲み会はパスしたのに。

本当は飲み会もまた楽しみの1つなのだが、これから仕事を始めるにあたって、できるだけ自分の体調をキープするために、しばらくは生活のリズムを乱さないようにするつもりなのだ。飲み会に行くと、途中で抜けても午前様になってしまう。ある程度仕事が軌道に乗るまで、飲み会もがまんして様子を見ることにした。

夜は熟睡できて、また5時頃に目が覚めたが、起きたいのを我慢して横になっていたら、また眠れた。7時半まで眠れたよ。久しぶりにたくさん寝た。トータル7時間半の睡眠。やはりこれくらい眠らないと、仕事を始めたらきついだろう。睡眠不足で疲れが溜まっていったり、昼に眠くなるとまずいのだ。

今日もシミュレーション出社をしてきた。今日は昨日、一昨日と違ってまた1つ要素を加えた。それは「横浜駅のコインロッカーに卓球の用具を預ける」である。

どういうことかと言うと、私は金曜日の晩は卓球のサークルに行っている。したがって、金曜日は会社を出てから適当に晩飯を食べて卓球の練習に直行ということになる。

しかし、あくまでも私は「妻が障害を負っており、そのサポートのため残業ができない」ことになっている。別にそれは嘘ではないが、1日くらい適当に夕飯を済ませてもらうことは別にできる状態である。

要は、卓球の用具が入ったスポーツバッグを職場に持って行きたくないのだ。だから金曜日は出勤途中にコインロッカーに預け、帰りに取りだして練習に行く、ということになる。その所要時間やコインロッカーの空き具合も確認するために、今日はそのシミュレーションをしてみた。

その帰りのその足でハローワークへ行って最後の失業認定。就職が決まったら、採用証明書を持って初日の勤務日の前日にハローワークへ行って手続きをしないといけないのだ。しかし、ちょっと誤算があった。なんと、仕事が始まってから、もう一度ハローワークへ行かないといけないのだ。

どういうことかと言うと、実は採用証明書がまだ私の手元に届いていないのだ。でもそれは後から郵送でかまわない、と最初の説明会で説明を受けた。しかし、それは「土日を挟まない」場合のことであって、今回のように採用日が月曜日の場合、ちょっとややこしくなる。

まず、採用証明書がないからハローワークでは私が7月2日(月)づけで採用ということを確認できない。したがって、今日の失業認定では今日の分までの認定しかできない。つまり今日の分までの失業給付金しか降りない。

明日が平日で、明日から仕事だったら、後から採用証明を郵送すればつじつまが合うので、それでいい。しかし今回のケースは土日を挟んでいる。厳密にはこの土日も失業給金の給付日に含まれる。しかし、今回の失業認定では今日の金曜日の分までしか認定されない。

したがって、この土日2日間のための失業認定のために、もう一度ハローワークへ行かないといけない、というのだ。失業認定は郵送とか代理ではだめで、本人が行かなくてはならない。

まあ、そういうことならしかたがないか。採用証明書が間に合ってないからしかたがない。どうせ健康保険証の切替の手続きのために、平日に区役所へ行かないといけないから、同じ日に午前中だけ休みをもらって、まとめて手続きすることにしよう。

昨日は23時に就寝。ちょっと遅めだが、寝つきはよかった。夜中1時頃一度眼を覚ましたが、その後は5時までノンストップで眠れた。比較的深く眠れたような気がする。

6時、いや6時半くらいまでは眠れなきゃ、と思ってもう一度寝よう…、と布団の中にいたが、やはり我慢できずに5時20分に起きてしまった。早起きはそれはそれでいいのだが、昼間眠たくなりませんように。今日は最後のシミュレーション出社だ。

さて、来週の月曜日から出勤となり、私が平日動けるのも今日明日となった。昨日は家にこもって音取りや勉強をしていたが、平日動けるときに、休日だと混んでたり料金が高かったりするところに行っておくか、と思って妻と外出した。

最初は映画にでも、と思ったが二人とも観たい映画はやってない。ダイ・ハード4は明日からであった。結局カラオケに行った。平日の昼間で二人で楽しめて、すいている、あるいは安いとなるとそれくらいしか思いつかない。

しかし、ここに思わぬ伏兵(?)がいた。

エアコン

である。

今日も外はかなり暑い。油断した私はTシャツ一枚で来てしまい、しかも上に羽織る物を持ってきていない。

カラオケルームの冷房はかなり強く、私はぶるぶる震えだした。座席を移動しても、それを追ってくるかのように冷房の向きがまんべんなく動くのだ。

しかたがないのでフロントに電話して温度を上げてもらった。体が冷え切ってしまったので、思わずホットコーヒーを頼んでしまった。

しかし、歌っているうちに今度はまた暑くなってきて、後半をだいぶ過ぎたときであったが、またエアコンを強くしてもらった。

そしたらまた寒い。

う〜ん、これから夏に向けて、いやもう夏か、一番気をつけないといけないのが、この「瞬時に切り替わる気温差」なのだ。

たとえば来週からの出勤を想定すると、

家から外に出ると暑い。
バスに乗ると寒い。
降りると暑い。
電車に乗り換えるとまた寒い。
駅に降りると暑い。
バスに乗り換えるとまた寒い。
降りるとまた暑い。
建物の中に入るとまた寒い…。

この気温差に体がついていけず、ダウンしてしまう。普通の人でも体調を崩しやすいのに、私のように心も体もストレスに敏感になってしまっていると、よけいに影響を受けるし、体の調子を崩して、そのまま鬱に陥るケースもある。

つねに温度調節ができるように、羽織る物を常時持っておいて、めんどうでも体調管理には十分気を配らねば、そう思った今日一日であった。